豆知識―Q&A―

理容椅子と美容椅子の違い

主に理容師とは、髪の毛を切る、刈る、剃るなどの刃物を扱って良い職業。
美容師は主に容姿を整える職業なので、髪を切る事は本業ではなく、
美容師とはパー マをあてたり、化粧をする事が本業で、そのパーマなどを
行うために必要な業務として髪を切ることが入っているにすぎません。 
逆に、理容師は髪を切ったり 顔を当てたり(ひげを剃ったり)し、髪をセット
することが専門です。






そのため、理容師になるためには刃物を扱う技術を学ぶ必要があります。
美容師はこの勉強をしていないため、ひげを剃ったりカミソリを当てたり
することはできません。

ですので、理容椅子は、お顔剃りをする為、寝かすことが出来、男性は
体格の良い男性が多いため、重厚な椅子になっています。




逆に、美容椅子はお客様を寝かす必要は無く、椅子が上下に動く最低限の
機能しか必要は無く現在の理容椅子、美容椅子になった訳です。


保存

一覧に戻る